心地よい暮らしを叶える整理収納。片付くだけじゃない3つのメリット

FABLINK(ファブリンク)編集部FABLINK(ファブリンク)編集部

キレイに片付いた部屋は過ごしていて気分がいいですよね。
しかし現実は家事や育児、仕事など、するべきことがたくさんあり整理収納の優先順位が低いことも事実です。
頭では分かっていても行動に移すのは、なかなか難しい場合もあるでしょう。

整理収納がもたらすメリットは、部屋がキレイに片付くだけではありません。
空間を整えることで、心地よい暮らしに近づけるのです。

片付けをする理由や目的が明確になれば、自然とモチベーションも上がるでしょう。
今回は心地よい暮らしにつながる、整理収納の3つのメリットについてお話ししていきます。

整理収納は心地よい暮らしへの近道

整理収納を始めるきっかけは「部屋をキレイにしたい」という気持ちかもしれません。
しかし、その根底には「今より心地よく暮らしたい」という願いが隠れているはずです。

整理収納は言い換えれば、「どうすればもっと快適に暮らせるかを考えること」でもあります。

たとえば引き出しを開けるとき、中に入っているモノが引っかかってしまうと使い辛いですよね。
そういった小さなストレスを見逃さず解決方法を考えて実行することは、心地よい暮らしへの近道でもあるのです。

整理収納の3つのメリット

整理収納には主に、「時間的・経済的・精神的」な3つのメリットがあります。
どれも心地よい暮らしを実現させるために欠かせないことです。

整理収納で部屋が片付けば、気分がスッキリします。
それによって別の場所も整えたくなったり、家事がはかどるようになったり、家族との会話が増えたり、いくつもの嬉しい変化が現れるでしょう。

ここでは整理収納をすることで得られる、主な3つのメリットについてお話ししていきます。
これらは心地よい暮らしを実現するために必要なプロセスともいえるでしょう。

時間的ゆとり

整理収納をして持ち物の場所が把握できれば、時間を有効に使えます。
1日約5分の探し物でも1か月では約150分、1年間だと約30時間も大切な時間を費やしていることになります。

探し物をしていると「どこにあるのだろう」「見つかるだろうか」とモヤモヤした気分になりますよね。
そういった気持ちが積み重なると、仕事や家事、趣味などに集中できなくなってしまうこともあります。

よく使う場所に収納しておけば、必要なときにすぐに取り出せますし、元に戻すのも簡単です。
定位置を決めておくことで、モノが迷子になるのも防げるでしょう。

整理収納により探し物がなくなれば、時間を有意義に使えます。
家族との団欒や睡眠など、自分にとって必要な時間にあてられるのです。

経済的ゆとり

整理収納をする中でモノの定位置を決めたり、持ち物の量を把握したりすることは、不要な買い物の防止にもつながります。

たとえば買っておいたはずのモノが見つからず、新しく購入したあとに出てきた場合、同じモノが増えてしまいますよね。
持ち物の定位置が把握できていれば、「見つからないから仕方なく買う」という状況がなくなります。

また収納場所を決めておくことで、購入を迷ったときに「片付けたいスペースに入るかどうか」を考えるなど、慎重にモノを選べるようになるでしょう。
検討した結果「しまう場所が足りない」と判断すれば購入にせずにすみ、節約になります。

部屋が散らかっているとソワソワして落ち着かないものです。
そのため外食や自分へのご褒美など、お金を使ってストレスを発散させたくなる場合もあるでしょう。

反対に家が快適な場所になれば、お金をかけなくても楽しめるようになります。

たとえば、お弁当を作り公園でピクニックをしたり、ベランダにテントを張ってキャンプ気分を楽しんだり、家で映画鑑賞をしたりすれば節約になるだけでなく、家族とのコミュニケーションにもつながるでしょう。
出費が減った分、貯蓄や子供の習い事、家族旅行などにあててもいいですね。

精神的ゆとり

部屋が整っていれば気持ちよく過ごすことができ、心にゆとりが生まれます。

本来、家は家族がくつろぐ場所。
しかしモノが散らかっている状態だと、気持ちが落ち着きませんよね。
「どこにしまってある?」と家族に聞かれて、ついイライラしてしまうこともあるでしょう。

探し物は時間がもったいないだけでなく、ストレスの原因にもつながります。
モノの住所を家族とも共有しておけば、どこに何があるかを説明しなくてすみ、イライラを防止できるのです。

また家族も「部屋がキレイだと快適だ」ということが実感でき、片付けに協力してくれることも増えるでしょう。
それにより、床やソファーに散らかった家族のモノまで元の場所に戻すことがなくなり、家事の負担も減らせます。

整理収納で精神的に余裕ができるとイライラすることが減り、自然と笑顔が増えるでしょう。
片付いた部屋なら、ゆったりとくつろげ家族団欒のひとときが一層楽しくなりますよ。

整理収納は心地よい暮らしを叶えるステップ

整理収納は心地よい暮らしを実現させるための、最初のステップ。
空間を整えることで時間やお金、心に余裕が生まれます。

とはいえ、なかなか行動に移すのが難しい場合は「何のために片付けるのか」という理由や目的を具体的にイメージしてみてください。

また「何だか使い辛いな」などの小さなモヤモヤを、そのままにしないことも大切です。
「使いやすくするためにはどうすればいいのだろうか」という答えを考えて、実行してみましょう。
その積み重ねが心地よい暮らしに、つながっているはずです。

幸せな暮らしにつながる北欧のシンプルな考え方と整理収納テクニック
「理想の暮らし」という言葉を聞いて思い浮かべるのは、どんなことですか?「快適に過ごせること」「心が満たされていること」「家族が笑顔でいられること」・・・人によってさまざまな答えが出てくるでしょう。それらの根底にあるのは「幸せな暮らし」な...
モノ選びの基準は自分。自己肯定感を高めて自分らしい人生を送る方法
SNS の普及によって、他人の暮らしぶりを簡単にのぞけるようになりました。 「通勤電車の中でインスタグラムをチェックするのが日課」といった人も少なくないのではないでしょうか? 理想の暮らしをしている人の投稿は、興味深く参考にもなります。...
苦手を自信に変える。気持ちが前向きになる整理収納の基本
SNSやママ友の自宅訪問で、スッキリ片付いた部屋を見ると「私も頑張ろう」とやる気がでるものです。 しかし実際に片付けてみるとキレイな状態は続かず、すぐに散らかってしまった、という経験はありませんか? 中には「そもそも、整理収納の正し...
タイトルとURLをコピーしました