モノ選びの基準は自分。自己肯定感を高めて自分らしい人生を送る方法

FABLINK(ファブリンク)編集部FABLINK(ファブリンク)編集部

SNS の普及によって、他人の暮らしぶりを簡単にのぞけるようになりました。
「通勤電車の中でインスタグラムをチェックするのが日課」といった人も少なくないのではないでしょうか?
理想の暮らしをしている人の投稿は、興味深く参考にもなります。

しかしその反面、『モノ選び』が難しくなったことも事実です。

自分を基準とした軸をしっかり持っていないと、周りに流されて不要なモノを購入してしまうこともあります。

実際に、「フォローしているおしゃれな○○さんが持っているから」という理由で同じものを買ったものの自分のライフスタイルに合わず、結局使わなくなったという人もいるでしょう。

「今の自分に本当に必要か?」といった基準で選ばなければ、モノが増えてストレスが溜まるだけでなく、やがて「自分らしさ」を見失ってしまうことになります。

そこで今回は、モノ選びを通して自分らしい人生を送る方法をご紹介します。
本当に気に入ったアイテムたちに囲まれた心地よい暮らしを、あなたもぜひ手に入れてくださいね。

「他人の基準」でモノを選んでいませんか

「SNS で流行っているから」「周りからおしゃれな人だと思われたいから」と、他人を基準とした軸でモノを選んでいませんか?
SNS の「いいね」やコメントなど、他者からの評価ばかりを気にしていると、そのうち「自分は何が好きなのか」も分からなくなってしまいます。

人気のある商品は、安心感があることも事実です。
でも実際に使ってみると、しっくりこないこともありますよね。

例えば、口コミサイトでランキング上位だった化粧品を購入したものの、「自分の肌にはあまり合わないかな」と思いながらも使っているとき。

「人気があるのだから、使っていればいつか効果が出るはず」と、どこかモヤモヤした気持ちを感じ、これがストレスになってしまうこともあります。
そしていつの間にか使わなくなり、結果としてモノが増えるという悪循環に。

また、「他の人の意見に影響されてモノを選んでいる私って自分が無いな」など、どこか後ろめたさを感じてしまうこともあります。

「今の私に本当に必要かどうか」を判断することは、自分自身と向き合うことでもあります。

「なんかこれ、私らしくないかも」と小さな違和感を見つけたら、目をそらしてはいけません。
必要かどうかの判断を重ねていけば、やがて「自分にとって大切なこと」も明確になり、あなたらしく生きられるようになります。

モノ選びの基準は自分

モノ選びの基準はあくまで「自分」です。
「なぜこれが欲しいのか」「好きな理由は何か」など、自分と対話することは「私はどうしたいか」を決めるトレーニングでもあります。

トレーニングと聞くと大変そうな気もしますが、心配はいりません。
「本当はそこまで気に入っていないけど、センスが良いと思われたいから」と、まわりの目を気にして、モノを選んでしまいがちな人でも大丈夫。

繰り返し、自分を基準とした選別をおこなうことで、少しずつ他人の価値観や評価に流されなくなる考え方が身に付きます。

これから新しく入ってくるモノを決めることは、自分らしさの追求でもあります。
また、「自分の軸」で考えることは、この先の生き方にも大きな影響を与えることでしょう。

ここからは、自分を基準としたモノ選びの3つの方法について、お話ししていきます。

1. 今の自分に必要か

新しいモノを家に迎えるときは、まず「今の自分に本当に必要かどうか」を考えましょう。
判断に迷ったら、「なぜ必要だと思うのか」を自分自身に聞いてみてください。

それを必要とする理由を心の中で言ってみたり、また実際にメモに書き出してみるのもいいですね。
じっくり考えてみると本音の部分が、少しずつ見えてきます。

そして落ち着いて考えてみた結果、それは単に「周囲から評価されたい」だけだったり、「誰かにおすすめされていた」だけだったと気付くこともあるでしょう。

このようなモノの選び方は、自分の気持ちや価値観を他人のために犠牲にしている、ともいえるのではないでしょうか。

「他人の軸」を基準に選んでいるとすれば、それはあなたが必要とするものではありません。
大切なことは、「今の自分にとって必要かどうか」です。
モノを選ぶときは、まずは自分自身としっかり対話してみましょう。

2. ライフスタイルにあっているか

どんなに人気の高いアイテムでも、自分のライフスタイルに合っていなければ実際に使うことも少なく、いつの間にかその存在すら忘れていることもあります。

これを防ぐためには、自分の日常の行動を具体的にイメージすることが大切です。

例えば、朝起きるのが苦手で出勤前はいつもバタバタなのに、「丁寧な暮らしに憧れるから」と、おしゃれな手動のコーヒーミルを購入するのはライフスタイルに合っているとはいえません。

また、自炊と外食どちらが多いのか、寝るときは布団なのかベッドなのかなど、暮らしのスタイルによって使い心地のよいアイテムは異なります。
日常の生活パターンを見つめ直しているうちに、自然と自分に合ったアイテムが見えてくるはずです。

あなたの本当のライフスタイルにあったモノを取り入れることができれば、無理なく愛着を持てるようになり、気持ちも明るく毎日を快適に過ごせるようになりますよ。

3. 好きかどうか

手に取ったときに幸せな気分になれるモノは、暮らしを豊かにする力があります。
なくても生活には困らないけれど「好きだな。」と感じるなら、あなたにとって必要だという証拠です。

思い浮かべてみてください。
花瓶やファブリックパネル、キャンドルホルダーなど、部屋にあるだけで気持ちがパッと明るくなるアイテムがあるはずです。

仮に、これらの品が自宅にあるものの、本当に気に入って迎え入れたモノではない場合をイメージしてください。

たとえば、「せっかく私のためにプレゼントしてくれたのだから、手放すのは申し訳ない」「友達が褒めてくれたから、特別欲しかったわけじゃないけど買ってしまった」といった場合は、自分が 100%好きで選んだものではないため、見るたびになんだかモヤモヤした気分になってしまうこともあります。

そんなときは思い切ってフリマアプリやリサイクルショップなどを活用して、本当に必要としている人に譲るのも一つの方法です。
新たな持ち主に気持ちよく使ってもらえる方が、モノにとっても幸せなのではないでしょうか。

むずかしく考えず、まずは「これは好き?」と心に問いかけていくうちに、「私が大切にしたいのはこれだ」という自分の本音が見えてくるようになりますよ。

整理収納は豊かな人生を叶えるツール

整理収納は、ただ部屋をキレイに整えるだけではありません。
「私はどうしたいか。」を決められるようになるための大切なプロセスです。

仕事や家事など、しなければならないことに追われていると失敗したり悩んだりすることもあるでしょう。
けれど使っていて心が満たされるアイテムに囲まれていれば、気持ちが穏やかになり、少しくらい凹んでもモチベーションを保てます。

整理収納は自己肯定感を育むためのツール。
「誰かと比べる必要はない。私はそのままでいい。」そう思えるようになれば、あなたらしい豊かな人生を歩めますよ。

幸せな暮らしにつながる北欧のシンプルな考え方と整理収納テクニック
「理想の暮らし」という言葉を聞いて思い浮かべるのは、どんなことですか? 「快適に過ごせること」「心が満たされていること」「家族が笑顔でいられること」・・・人によってさまざまな答えが出てくるでしょう。 それらの根底にあるのは「幸せな暮らし...
心地よい暮らしを叶える整理収納。片付くだけじゃない3つのメリット
キレイに片付いた部屋は過ごしていて気分がいいですよね。 しかし現実は家事や育児、仕事など、するべきことがたくさんあり整理収納の優先順位が低いことも事実です。 頭では分かっていても行動に移すのは、なかなか難しい場合もあるでしょう。 ...
苦手を自信に変える。気持ちが前向きになる整理収納の基本
SNSやママ友の自宅訪問で、スッキリ片付いた部屋を見ると「私も頑張ろう」とやる気がでるものです。 しかし実際に片付けてみるとキレイな状態は続かず、すぐに散らかってしまった、という経験はありませんか? 中には「そもそも、整理収納の正し...

Instagram にアップした投稿

\Instagram の投稿一覧はこちらから/

インテリアグッズ

販売中のファブリックパネル

タイトルとURLをコピーしました