ファブリックパネル モネ – 積みわら(朝、雪の効果)

    『Wheatstacks, Snow Effect, Morning(積みわら(朝、雪の効果))』は、モネのジヴェル二ーの自宅近くの畑の積みわらを題材にした連作のうちの一つです。
    1890年の夏の終わりから翌年の春にかけて、彼は繰り返しジヴェルニーの自宅近くの畑に積まれた干し草の塊を題材に25点にものぼる作品を描きました。
    この作品では雪が積もった畑で、朝方を思わせるあたたかな淡い光に積みわらが照らされている様子がみてとれます。
    空の色に使われているピンク色は雪の描写にも反映するように使われていて、冬の太陽に照らされた積みわらの影や家々の屋根、雪面の青色と調和を作り出しています。
    また、光のニュアンスを筆使いによって描き分けていてリズム感が感じられますね。
    ほかの積みわらの連作に含まれる「雪の効果」や「冬」といった作品は、この作品と同じ構図で描かれていながらも異なる光の様子が捉えられています。

    作品名
    Wheatstacks, Snow Effect, Morning
    作者
    クロード・モネ (Claude Monet)
    製作年
    1891年
    タイトルとURLをコピーしました