心の充電、足りていますか?リラックスできるインテリア

リラックスできるインテリアのお部屋

心にぽっと明かりを灯してくれるキャンドルの優しい光が揺れるお部屋

お部屋のオーナー様: @akkii_28
引用元:Instagram

どこか中東やモロッコといった、エキゾチックな雰囲気で満たされたお部屋のワンシーン。

天井から吊り下げられたハンギンググリーンや、形やサイズ、高さがさまざまに配置された植物たちから立体的な生命力を感じます。

柄のパターンや色味が魅力的なヴィンテージラグも、荘厳な祭壇のような印象も受けます。

そして、それらをそっと明るく照らすキャンドルたち。

背面にうつる植物たちの淡い影が、いまにもゆらゆらと動き出しそうです。

このキャンドルの揺れる火には、「1/fゆらぎ」というリラックス効果があるとされています。

キャンプファイヤーの火を眺めていて、落ち着いた気持ちになった経験はないでしょうか。

ところで、日常的にキャンドルをどれくらいの頻度で使うか、デンマーク人を対象に調査が行われたことがあるそうです。

その結果によると、全体の 28% の人がキャンドルに “毎日” 火を灯し、反対にキャンドルをまったく使用しないと答えた人は 4% であったといいます。

デンマークは「世界幸福度ランキング」の中でもたびたび上位に入り、また、「ほっとする心地よい空間や時間を持つ」といった意味合いの「ヒュッゲ」発祥の国でもあります。

北欧のライフスタイルに惹かれる方は少なくないと思いますが、そこにはキャンドルにも何かしらのヒントが隠されているような気もしますね。

こちらのお部屋のオーナー様は、毎日のお仕事に追われ忙しい日々をお過ごしとのことですが、お好きである植物やヴィンテージラグたちと一緒に、火を灯したキャンドルを用意して、心豊かな時間をお持ちになっているのでしょう。

手間をかけたり高いお金を払わなくても、気軽に用意できるキャンドルを使ったリラックスできるひと時。

心にぽっと明かりを灯してくれるような、温かみのある素敵なインテリアです。

(※くれぐれも火の取り扱いには十分ご注意ください。)

吊るして楽しむ!ハンギンググリーンで叶える自然を感じるインテリア
インテリアに植物を取り入れて、お家にいながら自然を感じてリラックス気分を味わいたいと思われる方に、おすすめなのがハンギンググリーンです。 フロアに置くのでなく空中に吊り下げる形なので、おしゃれに空間を活用しながら植物をレイアウトできま...
ゆるく自分らしい『ヒュッゲな暮らし』を北欧現地の様子を交えてまとめました
北欧デザインが好きな方なら「Hygge(ヒュッゲ)」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?ヒュッゲとは、デンマーク語で「居心地がいい時間や空間」といったニュアンスで使用される言葉です。「無理をせず、心地よく毎日を暮らす」ためのヒントとなる「ヒュッゲ」について詳しく追いかけてみました。

インテリア実例集

タイトルとURLをコピーしました