ファブリックパネルのご使用時の注意点・お手入れについて

ファブリックパネルのご使用時の注意点・お手入れについて

FABLINK(ファブリンク)にて制作・販売しているファブリックパネルの取り扱い方法や、ほこりや汚れが付いた時などのお手入れ方法についてご説明しています。
また、不慮のトラブル等を避けるための注意点もまとめています。

ファブリックパネルの劣化をなるべく抑え、少しでもその寿命を長くさせたいものです。
一般的なファブリックパネルも基本となる部分は同じだと思いますので、ご参考にされてください。

重要

ファブリックパネルを飾るときの注意点

ファブリックパネルを安全にトラブルなくご使用頂くために、以下の注意点を必ずお守りください。

直射日光の当たる場所に飾らない

当店のファブリックパネルは、木製パネルに布を張り付けています。
どちらの素材も直射日光に弱く、このような環境にて長期間ご使用されると変形・変質・変色するおそれがあります。

多少の光が当たることは避けられませんが、日中に強い光が当たる場所で保管されないようお願い致します。

高温多湿になる場所に飾らない

お風呂場や脱衣場など、高温多湿になりやすい場所にファブリックパネルを飾ると、湿気によって布やパネルの木が変形・変質・変色するおそれがあります。

一時的でも湿度が極端に上がる環境でファブリックパネルを保管されないようお願い致します。

壁に飾る時は、長期間おなじ場所に掛け続けない

ファブリックパネルに限らずポスターや額にも当てはまることですが、長期間にわたって同じ場所で飾っていると、壁に日光の日焼け跡が残る場合があります。

また、ファブリックパネルの木製フレームは素材の性質上、「木のヤニ」が出て壁に色移りするケースも考えられます。

これらの問題を回避するために、長期間おなじ場所で飾らず、定期的に場所を移動するなどの方法をもって管理して頂くようお願い致します。

壁に飾る時は、万が一落下した時にも安全な場所に

当店で取り扱うファブリックパネルは重量が 200 グラム以下と軽いものですが、壁にかけて飾る場合、壁の材質や強風による影響など環境によってパネルが落下してしまう可能性も考えられます。

万が一、パネルが落下してしまった場合の被害を小さくするためにも、テレビ・オーディオなどの電化製品や、ガラスなどの割れやすいもの、その他大切なお品物の上部に飾らないようお願い致します。

また、吊り金具はしっかりとパネルに固定し、吊りヒモの結び目はすぐにほどけないように強く結んでください。

ファブリックパネルのお手入れについて

ファブリックパネルはインテリア雑貨ですので、長期間にわたって使用しているとホコリなどが付着してしまいます。
お掃除などの際は下記の注意事項をよくご覧になり、丁寧にお手入れ頂くようどうかよろしくお願い申し上げます。

OK 乾いた布で軽くぬぐう

多少のホコリがかぶった程度であれば、乾いた布で軽くぬぐってあげると綺麗になります。
ただ、強い力でゴシゴシこするとファブリック生地の伸び・インクのはげ落ちなどの原因となります。

OK セロテープで部分的にやさしくホコリを取る

ホコリがたくさん溜まってしまった場合は、粘着力の弱いセロテープを使うとお手入れが楽です。
何度もペタペタするのではなく、テープを輪っか状にしてスーっとなぞるようにお掃除してください。

NG 掃除機でホコリを吸引する・強い力で引っ張ったりゴシゴシ洗う

ファブリックパネルにホコリなどの汚れが付着しても、布でゴシゴシ拭いたり掃除機で吸引するなど、強い力がかかる方法でお手入れを行わないでください。
パネルの布が伸びてしまい、たるみや変形の原因となります。

NG 水・洗剤・クリーナーをつけて洗う

ファブリックパネルはベースが木製パネルですので、水・洗剤・クリーナー等をつけて洗うことはできません。
布、パネルの腐食・劣化の原因となります。


当店で販売しているファブリックパネルは、木製パネルに強いテンションをかけてファブリックをタッカー留めしていますので、通常の環境下でのご使用において商品が大きく変形する心配はありません。

しかし、物理的な構造上の理由から、強い力がかかるとパネル・布が変形する可能性は十分に考えられます。
デリケートな部分のある商品としてお手入れの際にご配慮頂きますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。

その他、ご不明点等はお気軽にお問い合わせください。

Instagram にアップした投稿

\Instagram の投稿一覧はこちらから/

インテリアグッズ

販売中のファブリックパネル

タイトルとURLをコピーしました