Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン) 淡くやさしい色合いとシンプルなデザインが特徴のデンマークのテキスタイルブランド

FABLINK(ファブリンク)編集部FABLINK(ファブリンク)編集部

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)は、デンマークのテキスタイルブランドです。
クッションカバーやベッドリネンなどのアイテムが中心で、淡くやさしいパステルカラーの色合いとシンプルながら洗練されたデザインが特徴です。
綿製品はすべて高品質なオーガニックコットン100%を使用しており、デザインと印刷はすべてデンマークで行われています。

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)は、デンマークのテキスタイルブランドです。

ブランドの象徴となるファブリックは、たったひとりの女性デザイナーのアイデアから生み出されています。
クッションカバーベッドリネンなどのアイテムが中心で、淡くやさしいパステルカラーの色合いとシンプルながら洗練されたデザインが特徴です。

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)について

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)の綿製品は、すべて高品質なオーガニックコットンを 100%使用しており、デザインと印刷はすべてデンマークで行われています。

世界トップレベルの厳しい基準によって、衣料品など繊維製品の安心・安全を証明する「OEKO-TEX®/エコテックス®」の規格に準拠したり、アクリル処理を施した製品は、PVC、フタル酸塩、PFOA、PFOSといった有害物質を使用しないなど、安全性にも深い配慮がなされています。

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)の主なアイテムラインナップ

自然由来の素材を用いることで、どこまでも品質にこだわられたものづくりを徹底するローゼンバーグ・コペンハーゲン。
そんな使い手、環境の両方にやさしい社会的企業が手がける商品はテキスタイルをはじめ、世界中で支持されるすてきなものばかりです。
ここでは、筆者がブランドを語るうえで外せないと考えるアイテムをまとめてご紹介します。

テキスタイル・ファブリック

ローゼンバーグ・コペンハーゲンのファブリックは、単体でもおしゃれですが、複数組み合わせても統一感があり、使いやすいデザインがそろっています。
展開されている主なテキスタイルのデザインは以下の 7種。

  1. River(リヴァー)
  2. Drop(ドロップ)
  3. Dash(ダッシュ)
  4. Dot(ドット)
  5. Fili(フィリ)
  6. Tile(タイル)
  7. Weave(ウィーヴ)

ベッドリネン

羽毛布団カバー、枕カバーが同梱されているベッドリネンセットは、ローゼンバーグ・コペンハーゲンが手がける全商品において、特にファンの多いアイテムです。

布団カバーは裾あたりにタイクロージャ―が付いており、インナーキルトを最適な位置に保つのにとても便利です。

縫製を請け負うデンマークの企業では、100%有機栽培のコットンのみを使用しているだけでなく、障害を持つ人々にも働く場所を提供することで環境にも社会にもやさしいものづくりを実現しています。

インテリア

インテリア関連の商品の中で、美術品のような美しさと独特な空気感がただようグリーティングカード&ウォールアートは、必ず押さえておきたいアイテムです。

ひとつひとつ手作業でプリントされた絵柄にはそれぞれ個性があり、ひとつとして全く同じものがないのがポイントで、版画のように味わいぶかいタッチは、日本の和室との相性も良さそうです。

3枚セットで販売されているA5サイズのグリーティングカード、それより大きめのA4サイズで額縁に入れてもおしゃれなリノカット等、いくつかのラインナップの中でお気に入りの大きさを選べるのも魅力的です。

ファッション

アクリルコーティングを施すことで、雨に濡れてもサッとふきとるだけで済むお手入れ楽々のキャンバスバッグや財布、ラップトップスリーブはお出かけする時に大活躍します。

ちょっとした荷物を入れる際には、コンパクトにたたんで持ち運び可能なショッピングバッグが一つあると助かりますよね。
モダンでシンプルなデザインばかりなので、フォーマルなシーンでも利用できそうです。

ローゼンバーグ・コペンハーゲンのファッショングッズは素材にもこだわりが詰まっており、有機栽培の綿を100%使用したアイテムは肌の弱い方でも安心して使用できます。

Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)を手がけるデザイナー

冒頭でも触れたように、ローゼンバーグ・コペンハーゲンのテキスタイルはたった一人の女性アーティストの感性をもとに誕生しています。

彼女はこれまでにも世界中の人々を魅了するデザインをいくつも完成させてきましたが、その根源にはある考え方やこだわりが込められています。

ここで、ローゼンバーグ・コペンハーゲンのトレードマークともいえる生地を提供し続けるデザイナーについて迫りつつ、テキスタイルの魅力をより深く追求していきましょう。

Anne Rosenberg(アンヌ・ローゼンバーグ)

単色でシンプルに描いた平面図の連なりにより、かわいらしい印象に仕上がったローゼンバーグ・コペンハーゲンのテキスタイル・ファブリックは、デザイナーのアンヌ・ローゼンバーグによって手がけられています。

デザインだけでなく、生地の受注作業までを全てひとりで行っているというアンヌ。
彼女の作品は、「トレンドに縛られずにいつの日も手に取ってくれる人たちから愛されるデザイン」をコンセプトに生まれているのだといいます。

他にもアンヌ自身の自然に対する敬意から、ファブリックの素材には環境保全目的で栽培されたオーガニックコットンを用いたり、プリントの工程では環境に配慮した方法を採っているほか、アクリルコーティングにも自然に悪影響を及ぼしかねないものは全く使用しないという徹底ぶりです。

そのようにこだわり抜いて完成したファブリックだからこそ、シンプルであって美しさも共存する、誰にとっても馴染みやすいものとなるのでしょう。

まとめ

ブランドの創業当初から、デンマークの人々に寄り添い続けてきた Rosenberg Cph(ローゼンバーグ・コペンハーゲン)。
品質にこだわったものづくり、労働者の積極的雇用による社会的貢献を当たり前とするその姿勢が、今では世界中のファンに注目されています。

\世界のインテリアブランドがたくさん/

参考文献

タイトルとURLをコピーしました