HAY(ヘイ) 北欧デザイン界をいち早くリードするデンマークのインテリアブランド

FABLINK(ファブリンク)編集部FABLINK(ファブリンク)編集部

HAY(ヘイ)は、2002年に創業したデンマークのインテリアブランドで、北欧デザインのカテゴリーの中でも流行を牽引する存在です。
ムダのないシンプルなデザインの家具、キッチンツール、照明、テキスタイルなどを中心としたインテリアアイテムを発信しています。

HAY(ヘイ)は、2002年に創業したデンマークのインテリアブランドです。

ムダのないシンプルなデザインの家具、キッチンツール、照明、テキスタイルを中心とした、幅広いインテリアアイテムを発信しています。

すでに世界で一目置かれた存在となり、北欧デザイン界をいち早くリードしています。

HAY(ヘイ)のはじまり

インテリアブランド HAY(ヘイ)は、2002年に Rolf Hay(ロルフ・ヘイ)によって創立されました。

翌年、ドイツ・ケルンで開催された見本市に出展すると、シンプルながらもどこかレトロな雰囲気の漂うデザインと、使い手のことまで考え抜かれた高い実用性が評価され、瞬く間に世界中の注目の的となりました。

50~60年代の北欧を中心としたデザインを大事にしつつ、アート・建築・ファッションの3つを軸にインスピレーションを得ている HAY(ヘイ)。

時代の精神を取り入れながら、つかう側をあっと驚かせるアイディアと、実用性との絶妙なバランスが両立したデザインを提案しています。

HAY(ヘイ)の主なラインナップ

HAYでは、暮らしの中のあらゆる道具をデザインしています。
その分野は多岐にわたり、ソファやテーブルといったインテリア、照明器具、キッチンツール、ステーショナリー、布製品が代表アイテムとして挙げられます。

家具・インテリア

生活の場と仕事の場の境が曖昧になりつつある、現代人の生活に合わせて、どんな環境にもよく馴染み、それでいて”使える”家具やインテリアを多く取り揃えています。

たとえばチェアは、豊富なパターンで選ぶ楽しさも味わえるシリーズ『A COLLECTION(エー・コレクション)』は、デンマーク人デザイナー Hee Welling(ヒー・ウェリング)によるものです。

どこかレトロさを感じるモダンなデザインを基調に、腰掛部分・脚部分それぞれの素材や色、形が少しずつ異なる椅子を提案しています。

スチール、プラスチック、オーク材などさまざまな素材の組み合わせによって、道具の印象や使い勝手が変化する、デザインの面白さも伝えてくれるシリーズです。

高いデザイン性が評価され、ヒー・ウェリングはこのシリーズで、デンマークアメリカでデザイン賞を受賞しました。

オフィスや家庭のほか、ラウンジやバーに置くことも想定され、活用場面の幅広さに対応できる『A COLLECTION』の椅子は、誰が座っても安定するよう、緻密に計算されていることがポイントです。

素材や形にあわせて、リラックスできる、あるいは背すじをピンと伸ばしたくなるような、表情豊かな椅子で、選ぶところからユーザーを楽しませてくれます。

照明器具

モダンでスタイリッシュなアイテムを多く手がける HAY(ヘイ)の照明器具は、ごく普通の家庭やオフィス、店舗といった、場所を選ばずに使えるシンプルさが魅力です。

オリジナルデザインのほか、かつて世界中のデザイン賞を総なめにしたアメリカ人デザイナー George Nelson(ジョージ・ネルソン)のデザインを『NELSON(ネルソン)』シリーズとして復刻販売する、といった試みも行っています。

2020年 11月には、無印良品の商品デザインで有名な、日本人デザイナーである深澤直人(ふかさわなおと)とのコラボレーションによるコレクション『PAO(パオ)』を発表。

モンゴル先住民族の移動式住居にインスピレーションを受けたという、ぽってりと柔らかなフォームが特徴的なデザインは、ガラス職人の手によって丁寧につくられています。

常に新らしいデザイン手法や制作工程を求めつづける、 HAY(ヘイ)ならではの柔軟な思考と行動力で、多くの人々に驚きと発見をもたらしています。

キッチンツール

多彩で落ち着きのある色づかいと、少し丸みのあるフォルムが魅力の食器やカトラリー、トースターといった小さな家電は、人気シリーズ『SOWDEN(ソウデン)』によるものです。
同シリーズのデザイナー George Sowden(ジョージ・ソウデン)は、イギリス出身。

ここまで読んだ方はすでにお気づきかもしれませんが、HAY(ヘイ)の魅力をひきだす秘密は、世界中のデザイナーがデザインを手がけているところにあります。

一貫してシンプルでありながら、デザイナーの個性に溢れたキッチンツールで、快適な使い心地と、彩り豊かな食卓空間の楽しさを教えてくれます。

ステーショナリー

家具やキッチンツールに比べると、その小ささからインパクトはやや劣りますが、実は隠れたファンが多いのが、HAY(ヘイ)のステーショナリー。

メタル製のおしゃれなデザインが人気のはさみクリップ、デザイナーやアーティストとのコラボレーションも多いノートブックといったアイテムは、今まであるようでなかった、新しいアイディアに溢れたアイテムばかりです。

ユニークなデザインが得意な HAY(ヘイ)には、おもしろアイディア満載のステーショナリーアイテムが並びます。

たとえば、普通なら紙箱にどっさり入って売られている輪ゴムですが、HAY(ヘイ)の手にかかると、白黒の輪ゴムを交互に引っかけたボール状に仕上がります。

インパクトの強い見た目からは想像できないかもしれませんが、実はひとつずつ確実に輪ゴムをとることができ、しかもコンパクトなので置き場や収納場所に困らない。
機能性・実用性に大変優れたデザインの輪ゴムボールです。

斬新で優れた発想の源が、アートやファッションからのインスピレーションであることもうなずけます。

布製品

これまで紹介してきたアイテムのほか、HAY(ヘイ)ではテキスタイルベースの商品も取り扱っています。

クッションベッドリネン、スリッパ、ブランケットといった幅広いアイテムが並び、どれもシンプルさと使いやすさを兼ね備えたデザインです。

特に、豊富なカラーと柄が揃うブランケットは、メリノウール製の軽くてあたたかい生地に、オランダのデザインユニット『Scholten & Baijings(ショルテン&バーイングス)』が手がけたデザインも含まれ、視覚からも暖かさを感じられるアイテムです。

日常のちょっとした暮らしの道具でも、見た目も使い勝手も大切にしたいユーザーの要望を、見事にかなえてくれます。

シンプルさにスパイスを加えて日常を楽しくする、HAY(ヘイ)のデザイン

ベースはシンプルに、色やフォルムでちょっとしたアクセントを加えるのが得意な HAY(ヘイ)のデザイン。

いつまでも使い続けられる実用性の高いアイテムが並ぶのは、世界中から集まった個性的で才能あふれるデザイナーの力と、使い手のことを第一に考えたブランドの真摯な姿勢の表れです。

創立時から注目されつづける北欧の次世代ブランドの行く先は、これからも目が離せません。

\世界のインテリアブランドがたくさん/
タイトルとURLをコピーしました