Finlayson(フィンレイソン) フィンランドで最も歴史の長いテキスタイルブランド

FABLINK(ファブリンク)編集部FABLINK(ファブリンク)編集部

Finlayson(フィンレイソン)は、1820年に創業されたフィンランドで最も歴史がある、北欧デザインを語るうえで欠かすことのできないテキスタイルブランドのひとつです。
約200年もの伝統があるフィンレイソンは、北欧の自然をモチーフにしたデザインのファブリックやタオル、寝具を中心としたアイテムを生産しており、フィンランドの家庭にはかならず1つはフィンレイソンの製品があると言われるほどです。

Finlayson(フィンレイソン)は、1820年に創業されたフィンランドで最も歴史がある、北欧デザインを語るうえで欠かすことのできないテキスタイルブランドのひとつです。

約 200年もの伝統があるフィンレイソンは、北欧の自然をモチーフにしたデザインのファブリックやタオル、寝具を中心としたアイテムを生産しており、フィンランドの家庭にはかならず 1つはフィンレイソンの製品があると言われるほどです。

Finlayson(フィンレイソン)について

創立者である英国スコットランド出身のジェームス・フィンレイソンによって、1820年フィンランドのタンペレに紡績工場が設立されました。

工場敷地内には学校や病院、消防署、教会、図書館などが建設され、工場の労働者は毎日の生活や健康を守られていました。
1860年代には、なんとタンペレの人口の半分の人々がフィンレイソンで働いていたといいます。

また、フィンレイソンは、女性が自立した生活を送ることができるように取り組みをおこなったフィンランドで最初の企業の 1つでもあるなど、単なるデザインブランドの位置づけだけでなく、フィンランドの歴史にも重要な意味をもたらしてきました。

フィンランドの自然を感じさせるやわらかいデザインを中心に、Moomin(ムーミン)のファブリックアイテムなど、フィンレイソンは今でも世界中に根強いファンを持つブランドです。

Moomin(ムーミン)
Moomin(ムーミン)は、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンによって描かれた、世界中で愛されている北欧を代表するキャラクターです。 作者のトーベ・ヤンソンは、フィンランドの首都ヘルシンキで1914年に誕生しました。 父は彫刻家、母はグラフィックアーティストという芸術一家で、「まるで呼吸するように」芸術に親しんで育ったといいます。

Finlayson(フィンレイソン)の主なアイテムラインナップ

Finlayson(フィンレイソン)のテキスタイルのデザインは、明るい色を用いたポップなデザインから、レトロで上品な落ち着いた柄まで、魅力いっぱいの多様なデザイン生地がそろっています。

また、寝具や食器、洋服など、日本の企業とコラボレーションした様々なアイテムも人気を集めています。

どれも気軽にフィンレイソンのデザインを生活に取り込めるのが嬉しく、手に入れたいと思う素敵なものばかり。
ここからは、筆者が心を動かされたフィンレイソンの生地やアイテムなど、フィンレイソンの魅力を味わえる素敵な商品をカテゴリー別にご紹介します。

テキスタイル・ファブリック

Finlayson(フィンレイソン)のテキスタイル・ファブリックは、果物や動物、花柄など生き物や自然を表現したデザインが特徴です。

日本でも取り扱いが多く、比較的簡単に見つけることができます。
ここでは代表的なテキスタイルのデザイン柄をご紹介します。

ポップでカラフルな色味で人気のデザインには、りんご柄の「オンップ」、ぞう柄の「エレファンティ」、くま柄の「オッツォ」があげられます。

オンップ

エレファンティ

オッツォ

こちらは、どれも綿 100%のオックス生地で、生地幅は 110センチほど。

オックス生地とは、縦糸と横糸ともに 2本ずつそろえて織った平織の生地のことで、厚みがあってシワになりにくいのが特徴なので、入園入学グッズを作るのにもぴったりです。

コロナ


日本のテキスタイルメーカー「KOKKA(コッカ)」からは、とろんとした光沢のあるサテン生地でラテン語で「冠」という意味の生地「コロナ」が出ています。

楽譜のイメージでデザインされていて、リズム感がポイントのユニークな生地です。
「毎日の生活に美を」とのコンセプトで発表されたこのデザイン。

とても洗練されていて 1958年に発表されたなんてびっくりしてしまうほど、時を超える魅力があります。

ヴァルム


同じく「KOKKA(コッカ)」から、可愛いポピーの花がすっと伸びたデザインの「ヴァルム」という生地が出ていて、太い糸と細い糸の立体感が味わえる織生地のプリペラ素材で出ています。

デザインと生地の風合いを生かした素敵な作品が作れそうですね。
フィンレイソンのデザインの生地は、日本の生地販売店やネット通販でもよく取り扱いがされています。

メーカーや生地の種類によって、材質・生地幅など異なるので選ばれる際はご確認ください。
また、残念ながらフィンレイソンのデザイン生地は商用利用はできません。

オシャレな生地ばかりなので、布小物にして身につけたり、ファブリックパネルにするなどお部屋のインテリアに取り入れるのも、おすすめですよ。

ファブリック雑貨

本国フィンランドのフィンレイソンからは、ムーミンのファブリックで作られたアイテムが販売されているので、ムーミンファンの方は要チェックです。

日本のフィンレイソン公式ウェブサイト内でも、ムーミンデザインの寝具やトートバッグの取り扱いがあり、ムーミンの世界を想像して楽しむことができる様々なファブリックが使われています。

日本のモノづくりとフィンレイソンの北欧デザインが合わさったアイテムも出ていて、日本の寝具メーカー「西川」からは掛け布団カバーや枕カバーが出ています。

寝具など、たっぷり布を使ってお家にお気に入りのデザインを取り込むことができますし、お部屋の雰囲気も北欧デザインで素敵にセンスアップできますよ。

テーブルウェア・食器

フィンレイソンの食器は、色鮮やかに食卓を明るく楽しくしてくれるアイテムがそろっています。
しかも、日本のモノづくりの会社「山加商店」が製造してるので日本の食卓での使いやすさも抜群です。

例えば、『レンジパックS』は約直径 9.5×高さ 6cmと小ぶりなサイズです。

密封できるフタをつけたまま電子レンジに使えて、お惣菜の残り物を入れる保存容器として冷蔵庫で保管もしやすくなっています。

こちらのアイテムは、ほどよく上品で可愛いらしい植物柄「タイミ」や赤や黄色や水色が明るい気持ちにさせてくれるゾウ柄「エレファンティ」などが磁器にデザインされています。

保存したお料理をそのまま食卓に出して素敵な器になっているのが嬉しいポイントですね。

2020年はフィンレイソン創業 200周年だったため、大きめの力強さを感じる美しい黄色い花のデザイン「アンヌッカ」モチーフの食器が記念アイテムで発売されました。
和風のものなど、他のお皿とも馴染みやすいデザインになっています。

ファッション

洋服や生活雑貨など取り扱う通信販売の「フェリシモ」では、心をくすぐるフィンレイソンのデザインを、素敵に取り入れたコラボレーションアイテムが販売されています。

一枚で着れるワンピースや、ゆったりとしたシルエットのウエストゴムのスカートなど、気軽に着やすいシンプルなアイテムを通して、フィンレイソンのデザインを活かしたおしゃれな生地がポイントの洋服ラインナップが目白押しです。

フェリシモとのコラボ商品ならではの、ナチュラルかつ個性的なフィンレイソンを用いたファッションを楽しむことができますよ。

また、2020年のフィンレイソン創業 200周年にあわせて、「フェリシモ」が持つ多様な洋服ブランドや雑貨ブランドから記念コラボレーション商品が続々と発表されました。

また、「ユニクロ」とのコラボ商品は、手頃な価格で楽しめるデザインTシャツのほか、2020年冬には温かいフリース生地のルームウェアやルームシューズが新しく出ました。

シンプルだけどスタイリッシュなフィンレイソンと「ユニクロ」とのコラボ商品も、毎回発表されるのが待ち遠しいですね。

フィンレイソンのデザインと過ごす楽しい毎日を

フィンランドの家庭で愛されるテキスタイルブランドの Finlayson(フィンレイソン)。
創業から 200周年を迎えた現在も、日本での注目度もさらに上がり目が離せないブランドです。

近年では日本の企業とのコラボレーションも盛んで、衣服や食器といったアイテムでフィンレイソンの素敵なデザインがさらに身近になり、手に入れやすくなりました。

フィンレイソンのお気に入りのデザインと暮らせたら、ふとした日常の場面もまた違った新鮮なものになって、ますます大事に思えそうです。

\世界のインテリアブランドがたくさん/

Instagram にアップした投稿

\Instagram の投稿一覧はこちらから/

インテリアグッズ

参考文献

販売中のファブリックパネル

タイトルとURLをコピーしました